安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

三菱「eKワゴン」の良い点・欠点|価格104万円~、燃費25.8km/L

      2019/09/06

eKワゴン

最低価格:104万円
最大燃費:25.8km/L

eKワゴンは2013年6月に発表され、現在3代目となっています。2014年6月に一部改良し、同12月より新グレードとして e-アシスト搭載車をラインアップに追加しました。

e-アシスト搭載車には、メインバッテリーの他にアシストバッテリーを新たに採用しました。アシストバッテリーでは、減速時の運動エネルギーを利用して発電し、発電した電力をニッケル水素電池に蓄えて電装品に供給するシステムになっています。これによりJC08モード燃費25.8km/Lの低燃費を実現しました。

またe-アシスト搭載車には、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)、誤発進抑制機能などの安全装備も備えており、安全性の高い車になっています。同時にアクティブスタビリティコントロール(ASC)とフロントスタビライザーも標準装備されており、安定性の高い車にもなっています。

eKワゴンを中古車検索

eKワゴンの価格・燃費

(5MTマニュアルなし・ターボあり)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

eKワゴン最低価格最高燃費
km/L
2WD104万25.8
4WD124万22.0
5MTなしなし
ターボ143万23.2

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

>>デイズの価格・燃費(兄弟車)

eKワゴンを中古車検索

三菱「eKワゴン」の良い点(メリット)

①オートマチックハイビームで夜間のライト切替を自動に。

eKワゴンにはセーフティパッケージ搭載車にオートマチックハイビームを装備しました。これは軽自動車では初の機能で、先行車、対向車のランプや街路灯などの道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。これによりドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに、手動操作の煩わしさを軽減してくれます。

②マルチアラウンドモニターで駐車が楽チンに。

セーフティパッケージにマルチアラウンドモニターを搭載しました。シフトレバーをRに入れると、ルームミラーにモニターが映し出されます。これにより真上から見下ろすような視点で駐車を支援してくれます。ルームミラーのスイッチでサイドビューやフロントビューに切り替えもでき、死角になりやすい部分に人や障害物がないか確認する事が出来ます。

③アシストバッテリー採用でJC08モード燃費で30.4km/Lの低燃費を実現。

eKワゴンはe-アシスト搭載車にメインバッテリーの他にアシストバッテリーを新たに採用しました。減速時のエネルギーをアシストバッテリーに充電し、発進・走行時にアシストバッテリーから電力供給します。これによりJC08モード燃費で30.4km/Lの低燃費を実現しました。またe-アシスト搭載車には横滑り防止装置やフロントスタビライザーなどの装備がされており、安定した走りをしてくれます。

④低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム、誤発進抑制機能の採用で安全・安心な車に。

e-アシスト搭載車には、低速走行時に自動ブレーキをかけ、衝突を回避・被害を軽減してくれるFCM-Cityを採用しました。この他にもアクセルペダルの踏み間違いや操作ミスの際に役立つ誤発進抑制機能も加わりました。前方に障害物を検知している状態でアクセルを踏み込んだ際に、エンジン出力を抑制してくれるので、もしもの時も安心です。従前モデルから比べると、安全装備が格段に進化していて、安心して乗れる車になっています。

eKワゴンを中古車検索

三菱「eKワゴン」の欠点(デメリット)

①誤発進抑制機能が前方のみ、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムの作動範囲がムーヴに比べると狭い。

eKワゴンには誤発進抑制機能、低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムなどの安全装備が採用になり、従前モデルより安全性の高い車になりました。しかしeKワゴンの誤発進抑制機能は前方のみが対象となっており、後方もカバーしてくれるムーヴと比べると劣ります。また低車速域衝突被害軽減ブレーキシステムでは、作動条件がeKワゴンが約5~約30km/hに対し、ムーヴは約4~50km/hとなっており、ムーヴの方が幅広い場面で役に立ってくれます。

②ムーヴ(L)、ワゴンR(FX)と比較すると、やや割高な設定に。

eKワゴンはアシストバッテリーの搭載により、30.4km/Lの低燃費を実現しました。しかしムーヴ(L)が31.0km/L、ワゴンR(FX)が30.6m/Lと比較すると、やや物足りない数字となっています。また価格帯を比べると、M(e-Assist)はムーヴ(L SAⅡ)、ワゴンR(FX)と比較しても3万円程度高く、燃費も劣っている点から考えると、他車に比べてやや割高感なのは否めません。

最低価格:104万円
最大燃費:25.8km/L
兄弟車:デイズ(日産)
ライバル車:ワゴンRムーヴN-WGN

諸費用込み総額約115万~セルフ見積り
値引目標▲20万愛車の買取相場を調べる
中古車相場37~130万中古車検索

【三菱】安い軽自動車ランキング