安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

日産「デイズ」の良い点・欠点|価格114万円~、燃費25.8km/L

      2019/09/06

デイズ

最低価格:114万円
最大燃費:25.8km/L

デイズは日産自動車と三菱自動車工業の合弁会社NMKVにより開発され、三菱自動車工業が製造し、OEM供給された車です。eKシリーズとしては3代目になりますが、2013年6月から発売されデイズとしては初代になります。

アシストバッテリー・アイドリングシステムの搭載により、NA 2WD車でJC08モード30.4km/Lの低燃費を実現しました(三菱の燃費不正問題により燃費は25.8km/Lに訂正されました)

2015年のマイナーチェンジでは、エマージェンシーブレーキ・踏み間違い衝突防止アシストなどメーカーオプションだった装備を全車に標準装備にし、安全性に配慮した車になっています。マイナーチェンジの際には、マーチなどに設定してあるボレロを追加し、女性を中心に人気になっています。

デイズを中古車検索

デイズの価格・燃費

(5MTマニュアル・ターボなし)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

デイズ最低価格最高燃費
km/L
2WD114万25.8
4WD130万22.0
5MTなしなし
ターボなしなし

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

>>デイズハイウェイスターの価格・燃費

デイズを中古車検索

日産「デイズ」の良い点(メリット)

①エマージェンシーブレーキなどの先進の安全装備が全グレードに標準装備。

デイズは、低速域で衝突を回避若しくは軽減してくれるエマージェンシーブレーキ、誤発進を抑制してくれる踏み間違い衝突防止アシスト、横滑りを防止してくれるVDCを全グレードに標準装備しています。またフロントスタビライザーも標準装備し、走行安定性もアップしました。これらの装備をどのグレードでも付いてくるのはプラスポイントです。ちなみに必要ない場合は、メーカーオプションで外す事も可能です。(ただし全てセット)

②A・Cピラーは細めで、三角窓もあり死角は少ない。

デイズは、ルーフ上端までフロントウインドウが広がっており、信号や標識の視認性が向上しています。前方部分のAピラーも他社に比べるとやや細めで三角窓も大きいので、死角が少なくなっています。
後方部分のCピラーも細めです。小さいですが、三角窓もありそれなりに視界は確保出来ています。上空から見下ろしているような視点で360度見渡せるアラウンドビューモニターというもメーカーオプションであり、運転のしやすい車になっています。

③厚みのある柔らかなシートで座り心地が良い。

デイズでは立体的なエンボス加工と起毛処理により、肌触りの良いシートになっています。またクッションが厚くサイズもゆったりしているので、身長の大きな男性も座り心地が良くなっています。
さらに後席ではふくらはぎをサポートしてくれる前傾斜計上を採用し、シート前面を張り出させ、快適性を高めています。長距離ドライブでも疲れにくく、ストレスの感じにくいシートに仕上がっています。

④車が状況が判断して運転をサポートしてくれるインテリジェント機能ETACSを搭載。

デイズには、車が状況が判断して運転をサポートしてくれるインテリジェント機能ETACSを搭載しました。主な機能として、ヘッドライトの消し忘れは、エンジンを切って運転席のドアを開けると自動で消灯してくれます。ドアミラーの展開忘れは、車速30km/hで自動展開してくれるなど、嬉しい機能満載です。うっかりミスをカバーしてくれる賢い車になっています。

デイズを中古車検索

日産「デイズ」の欠点(デメリット)

①ムーヴに比べると、コストパフォーマンスは劣る。

デイズSグレードはアシストバッテリーの採用&アイドリングシステムの導入でJC08モード25.8km/Lの低燃費を実現しました。ただ、ムーヴワゴンRなどのライバル車と比べると劣ります。
特にJグレードでは、アシストバッテリー・アイドリングシステムは未搭載でJC08モード23.0km/Lとなっています。その点ムーヴは一番下のグレードのLでも31.0km/Lとなっており、コストパフォーマンスはムーヴの方が良いです。

②最高出力・最大トルクが共にライバル車に比べ劣る。

デイズのNA車の最高出力は49馬力となっており、ライバル車のムーヴ・ワゴンR(52馬力)、N-WGN(58馬力)と比べると、やや劣っています。また最大トルクは59(6.0)/5000rpmですが、ムーヴ・ワゴンRとはさほど変わりませんが、N-WGN(65(6.6)/4700)と比べるとパワー不足は否めません。平坦な道を走行する場合は問題ないかもしれませんが、登り坂が多いところではやや不満に感じます。

最低価格:114万円
最大燃費:25.8km/L
兄弟車:eKワゴン(三菱)
ライバル車:ワゴンRムーヴN-WGN

諸費用込み総額約124万~セルフ見積り
値引目標▲20万愛車の買取相場を調べる
中古車相場19~159万中古車検索

【日産】安い軽自動車ランキング