安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

日産「デイズ ハイウェイスター」の良い点・欠点|価格141万円~、燃費25.8km/L

      2019/01/08

デイズハイウェイスターの前方画像

最低価格:141万円
最大燃費:25.8km/L

デイズ ハイウェイスターは、2011年6月に日産自動車と三菱自動車工業によって設立された合弁会社NMKVから生み出された第一弾モデルです。2013年6月に発売され、eKカスタムとは姉妹車になります。

前方検知カメラで先行車や対向車のヘッドライト・街路灯などの道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームの切り替えを自動で行ってくれるハイビームアシストを標準装備した他、車体を上から見下ろすような視点で駐車をサポートしてくれるアラウンドビューモニターも標準装備にしました。

安全面でもエマージェンシーブレーキ・踏み間違い衝突防止アシストなどが標準装備となっており、安全性がより高まりました。

燃費面ではバッテリーアシストシステムを搭載し、ハイウェイスターX・GグレードではJC08モード25.8km/L、Gターボでは23.6km/Lの低燃費を実現しています(2016年9月燃費情報修正)。

デイズ ハイウェイスターを中古車検索

デイズ ハイウェイスターの価格・燃費

(5MTマニュアルなし・ターボあり)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

デイズ
ハイウェイスター
最低価格最高燃費
km/L
2WD141万25.8
4WD153万22.0
5MTなしなし
ターボ149万23.2

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

>>デイズの価格・燃費

デイズ ハイウェイスターを中古車検索

日産「デイズ ハイウェイスター」の良い点(メリット)

①ハイビームアシストを全グレードに標準装備。

デイズハイウェイスターは、ハイビームアシストを軽自動車で初採用しました。この機能は前方検知カメラで先行車や対向車のヘッドライト・街路灯などの道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームの切り替えを自動で行ってくれます。手動でイチイチ切り替える煩わしさがなくなり、夜間でも運転に集中する事が出来ます。デイズハイウェイスタでは全グレードで標準装備になっています。

②アラウンドビューモニターを全グレードに標準装備で、駐車が楽チンに。

デイズハイウェイスターでは、アラウンドビューモニターを全グレードに標準装備しています。シフトをRに入れると、ルームミラーにモニター画像が自動で表示されます。車体を見下ろすような視点から確認する事が出来るため、駐車の苦手な方もこれでバッチリです。
カメラスイッチを押すと、トップビューをサイドブラインドビューに切替が可能です。死角になりやすい助手席側が確認出来るなど便利な機能になっています。

デイズハイウェイスターの真後ろ画像

③フロントガラスにレーダーを設置するタイプは、雨の日でも一定の効果を発揮してくれます。

デイズハイウェイスターは、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、VDCを標準装備しています。またフロントスタビライザーも標準装備にし、走行安定性もアップしました。
デイズのエマージェンシーブレーキは、フロントガラス上部にレーダーを設置するタイプになっています。ムーヴカスタムなどのフロントバンパーに組み込むタイプは雨の日は作動しませんが、フロントガラス設置タイプはワイパーが噴き上げる領域にあるため、雨の日でも一定の効果を発揮してくれます。もちろんシステムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますが、フロントバンパータイプに比べると使い勝手は良いです。

デイズハイウェイスターの前席

④軽自動車で初の静電式タッチパネルのフルオートエアコンを採用。

デイズハイウェイスターは、タッチパネル式のオートエアコンを軽自動車で初採用しています。大きなタッチスイッチ面と高輝度な白色照明を採用していて、直感的なスイッチ操作が可能になっています。クリック感の代わりに高低2種類の操作音で操作内容を確認する事でき、使い勝手が良いです。センターパネルがピアノブラック調になっており、シフトと同じパネルに収めてあるので、一体感もあります。

デイズハイウェイスターのハンドル

デイズ ハイウェイスターを中古車検索

日産「デイズ ハイウェイスター」の欠点(デメリット)

①ライバル車にあるサイドエアバッグ・カーテンエアバックの設定がない。

デイズハイウェイスターには、サイドエアバッグ・カーテンエアバックが上級モデルにも付いていません。またメーカーオプションでも選ぶ事が出来ないのは、マイナスポイントです。2018年6月以降には新型車にポール側面衝突試験が適用され、これらの安全装備の需要も高まってきます。
ライバル車のムーヴカスタムやN-WGNカスタムにはメーカーオプションで設定があるので、せめて選べるようにして欲しいところです。

デイズハイウェイスターの後方画像

②ムーヴカスタム、ワゴンRスティングレーと比べると、燃費面は劣る。

デイズハイウェイスターは、アシストバッテリーの採用でNA 2WD車でJC08モード30.4km/L・ターボ車で26.2km/Lの低燃費を実現しています。しかしライバル車と比べてみると、ムーヴカスタムがNA 2WD車でJC08モード31.0km/L・ターボ車で27.4km/L、ワゴンRスティングレーがNA 2WD車でJC08モード33.0km/L・ターボ車で28.0km/Lとなっており、燃費面では見劣りがします。

デイズハイウェイスター正面画像

最低価格:144万円
最大燃費:30.4km/L
兄弟車:eKカスタム
ライバル車:ワゴンRスティングレームーヴカスタムN-WGNカスタム

諸費用込み総額約151万~セルフ見積り
値引目標▲20万愛車の買取相場を調べる
中古車相場19~159万中古車検索

【日産】安い軽自動車ランキング