安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

「コペンローブ・ローブS」良い点・欠点|185万円~、燃費25.2km/L(ターボのみ)

      2019/09/06

コペンローブ全体画像

最低価格:185万円
最大燃費:25.2km/L

コペンローブは2014年6月に発売され、2代目になります。初代コペンは2012年に販売が終了し、このまま廃盤かと思われましたが、第40回東京モーターショーでコンセプトモデルが発売され、2014年6月に発売となりました。

今回のモデルチェンジでは、高剛性なDフレームを新たに採用しました。それによりボディーパネルを樹脂化して脱着可能にした事で、ルーフとバックパネルを除く11ヶ所が着せ替え可能となっています。

コペンローブ運転席まわり画像

燃費面では、新型の軽量な3気筒DOHCターボエンジンを採用した事に加え、CVTにはアイドリングストップ機構を搭載しています。これによりCVTでJC08モード25.2km/L・5MTで22.2km/Lの低燃費を実現しています。

2014年12月にはローブSも追加されました。レカロシートやMOMO製ステアリング、パドルシフトなどを採用するなど、よりスポーティな印象になっています。

コペンローブを中古車検索

コペンローブの価格・燃費

(5MTマニュアル・ターボあり)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

タント最低価格最高燃費
km/L
2WD185万25.2
4WDなしなし
5MT187万22.2
ターボ185万25.2

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。コペンローブに4WDはありません。

>>コペンエクスプレイの価格・燃費
>>コペンセロの価格・燃費

コペンローブを中古車検索

「コペンローブ・ローブS」の良い点(メリット)

①20秒ほどで運転席にいながらルーフの開閉可能

コペンローブの運転席画像

コペンローブ・ローブSでは、電動開閉式のハードトップを採用しています。サイドブレーキ横の開閉スイッチを操作するだけで、運転席にいながら開け閉めできます。

またラゲッジルームに荷物があると動作しないなどセーフティ機能も備わっています。開閉にかかる時間は片道で20秒ほどで完了するので、急な天候の変化でも安心です。

②高い走行性能とルーフオープン時の剛性確保を実現。

コペンローブのオープン画像

コペンローブ・ローブSはDフレームと呼ばれる高剛性で軽量な骨格構造を採用しています。

一般的な車の構造は、ボディの外板なども骨格の役目を果たし、車にかかる力をボディ全体で受けとめるように出来ています。

それに対しDフレームは、骨格だけで強度を担保する構造となっています。これにより高い走行性能とルーフオープン時の剛性確保もしっかりと出来ています。

③S660を上回る低燃費25.2km/Lを実現。

コペンローブ・ローブSは、新型の軽量な3気筒DOHCターボエンジンを採用した事に加え、CVTにはアイドリングストップ機構を搭載しています。

これによりCVTでJC08モード25.2km/L・5MTで22.2km/Lの低燃費を実現しています。ライバル車のS660に比べると、それぞれ1.0km/L良い数字となっています。

④運転席と、助手席にシートヒーターが搭載

コペンローブ助手席画像

コペンローブSでは「レカロ製セミバケットシート」を、ローブでは「ヘッドレスト一体型のスポーツシート」を採用しています。

ローブのシートも悪くはありませんが、ホールド性はレカロシートの方が上です。標準色はベージュですが、ここはオプションでブラックを選びたいところです。

どちらのシートにも運転席と、助手席にシートヒーターが搭載されるなど細かいところも気配りが出来ている車になっています。

コペンローブを中古車検索

「コペンローブ・ローブS」の欠点(デメリット)

①スマートアシストなどの先進の安全装備は未搭載。

コペンローブ・ローブSでは、安全装備に関してはVSCとTRCが搭載されています。

また高剛性のDフレームを採用して安全性は高くなっていますが、 最近の軽自動車で主流になっているスマートアシストなどの先進の安全装備は搭載されていません。

こうしたスポーティーモデルにスマートアシストが必要なのかと聞かれると少し微妙ですが、あるに越したことはないかなと思います。

②ラゲッジルームは実用性には乏しいか。

コペンローブのトランクルーム

コペンローブ・ローブSのラゲッジルームは見た目はそこまで変わりませんが、初代コペンに比べると幅が610mm、奥行きが810mmとやや広くなっています。

ただ、ギリギリ機内持ち込みサイズのスーツケースが入るくらいのサイズなので、実用性は乏しいです。

また鍵をトランク内に置いて閉めてしまうと、インロックされてしまうので、荷物の積み下ろしをする際は注意が必要です。

最低価格:185万円
最大燃費:25.2km/L
ライバル車:S660(ホンダ)

諸費用込み総額約191万~新車オンライン見積り
値引目標▲15万愛車の買取相場を調べる
中古車相場113~215万中古車検索

【ダイハツ】安い軽自動車ランキング