安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

ダイハツ「キャストアクティバ」の良い点・欠点|122万円~、最大燃費30.0km/L(ターボあり)

      2019/09/06

キャストアクティバは価格122万~、燃費30.0km/L

最低価格:122万円
最高燃費:30.0km/L

キャストアクティバG“SAⅡ”の試乗レポ

キャストアクティバは、2015年9月に発売が開始されたSUVスタイルの新型車になります。同日には、ベースになったキャストスタイルも発売されています。2015年10月には、スポーツタイプのキャストスポーツが追加され、3モデルでの展開となっています。

キャストアクティバのハンドル

ラインナップは、NAとターボモデルの設定があり、合計4グレードから構成されています。価格帯はFF仕様で122万400円(4WD仕様は135万円)~151万7400円(4WD仕様は164万7000円)とスタイルと同じような価格設定になっています。

SUVスタイルという事もあり、最低地上高はFF車で180mm・4WD車で175mmを確保しており、ベースのスタイルに比べて30㎜高くなっています。4WD車には、ダウンヒルアシストコントロール制御・グリップサポート制御などが採用されており、悪路走破性にも定評があります。

キャストアクティバの価格・燃費

(5MTマニュアルなし・ターボあり)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

キャスト
アクティバ
最低価格最高燃費
km/L
2WD122万30.0
4WD135万26.8
5MTなしなし
ターボ151万27.0

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

>>キャストスタイルの価格・燃費
>>キャストスポーツの価格・燃費

キャストアクティバを中古車検索

ダイハツ「キャストアクティバ」の良い点(メリット)

①燃費30.0km/Lでハスラーには若干劣る

キャストアクティバの燃費は30.0km/L

エコアイドルの搭載などによりキャストアクティバは、NA仕様で2WDがJC08モード30.0km/L(4WDは26.8km/L)・ターボ仕様2WDで27.0km/L(4WDは25.0km/L)の低燃費を実現しています。

ライバル車のハスラーを見てみると、NAのGグレード2WDで32.0km/L(4WDは30.4km/L)・ターボ2WDで27.8km/L(4WDで26.2km/L)となっています。

若干ハスラーの方が燃費は上回っていますが、どちらもNA仕様では30.0km/L超えと十分な燃費性能です。

②スマアシⅡ搭載により、最高ランクの先進安全車プラス「ASV+」を獲得。

キャストアクティバはスマートアシストⅡ搭載可能

車輌・歩行者のどちらにも対応する先進の安全装備であるスマートアシストⅡを備えるキャストアクティバは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクの先進安全車プラス「ASV+」を獲得しています。

ライバル車ではハスラーが同等のデュアルブレーキサポートを備えており、同様に最高ランクを獲得しています。

キャストアクティバのカメラ

しかし、アクティバはこれらの装備をXSAⅡ(128万5200円)から標準装備していますが、ハスラーはXグレード(146万1240円)以上からとなっています。(Gグレードはレーダーブレーキサポート搭載)

その点では、安価なグレードから最上級グレードと同じ装備を備えているアクティバの方がお得感・安心感はあります。

③13色のボディーカラー

キャストアクティバは、ベースカラーの4色に加え、ディープブルークリスタルマイカを含む2種類の有料色(2万1600円高)と7種類にも及ぶ2トーンカラー(4万3200円高)を用意しています。

またインテリアカラーもオプション(2万1600円高)にはなりますが、スプラッシュブルーメタリック と トニコオレンジから選ぶことも出来ます。

キャストアクティバの後部座席

合計13色のボディーカラー・2色のインテリアカラーとバリエーションに富んでおり、あなただけのお気に入りの一台に仕上げる事が出来ます。

④キャストスタイルより最低地上高30mmアップ

キャストアクティバは最低地上高30mmアップ

最低地上高がFF車で180mm・4WD車で175mmを確保したキャストアクティバは、キャストスタイルに比べてそれぞれ30mm高くなっており、走破性は格段にアップしています。

また4WD車には、一定速度をキープしながら坂道を下るダウンヒルアシストコントロール制御・ぬかるみなどタイヤが空転した時に作動するグリップサポート制御を備えています。

これらの走破性を向上させる機能が充実しており、雪道などの運転も心強いです。

⑤ヒップポイントが30mmアップ

キャストアクティバの見晴らし良好

キャストアクティバは、スタイルに比べて30mm車高がアップしています。これに伴いヒップポイントも650mmとアップしたことで、見切りがさらにが良くなり運転しやすくなっています。

同様に後席のヒップポイントも693mmにアップしており、見晴らしも良いです。

また240mmのスライド幅と左右分割のリクライニング機構が備わっており、乗る人の体格に合わせて調整可能なので、長距離ドライブでも疲れにくくなっています。

キャストアクティバを中古車検索

ダイハツ「キャストアクティバ」の欠点(デメリット)

①ハスラーの方がパワーは上で低回転域でパワフルな走り。

キャストアクティバは52馬力

NA仕様で最高出力52馬力・最大トルクは6.1kgm(ターボ仕様は64馬力・9.4kgm)のスペックのキャストアクティバは、5,200回転で最大トルクが発生するため、高回転指向となっています。

ライバル車と比較すると、ハスラーは最高出力は同様に52馬力・最大トルクは6.4kgm(ターボ仕様は64馬力・9.7kgm)となっており、4,000回転で最大トルクが発生します。

パワー面ではやや上回っていて、低回転域でより力の発揮出来るハスラーの方が、街乗りではメリットがありそうです。

②床面が完全なフラットにならないのが残念

キャストアクティバの荷室

ラゲッジルームは、通常時で奥行き340㎜×幅890㎜×高さ790㎜で日常の買い物ではそこまで問題ないかもしれませんが、やや奥行きが狭いです。

リアシート倒すと奥行きが1,300㎜まで拡大し、大きな荷物も積載可能です。ただし、ラゲッジの床面とリアシートに段差が生じ、完全なフラットにはならないのは残念なところです。

ライバル車のハスラーは、その点完全なフラットな床面となります。またシート背面の素材も水や泥に強くなっており、ラゲッジの使い勝手は上です。

最低価格:122万円
最高燃費:30.0km/L
兄弟車:ピクシスジョイ(トヨタ)
ライバル車:ハスラー(スズキ)・フレアクロスオーバー(マツダ)

諸費用込み総額約27万~新車オンライン見積り
値引目標15万愛車の買取相場を調べる
中古車相場79~185万中古車検索

【ダイハツ】安い軽自動車ランキング