安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

ダイハツ「タント」の良い点・欠点|価格122万円~、燃費28.0km/L(ターボなし)

      2019/09/06

ダイハツ・タントの全体画像

最低価格:122万円
最大燃費:28.0km/L

タントは2013年10月に現行モデルが発売され、3代目になります。2代目で採用され好評だったミラクルオープンドアをさらに活かすため、助手席のスライド幅を10cm広くして、38cmのロングスライドを実現しました。これにより開口幅1490mmととても余裕があるため、さらに乗り降りがしやすくなっています。

燃費面では、イーステクノロジーを活用し、2WD車でJC08モード28.0km/Lの低燃費を実現しました。アイドリングストップ機能も全車に装備しており、環境にも優しい車となっています。

安全面では、スマートアシストⅡを全グレードに設定しました。スマートアシストⅡには、低速域で減速・衝突回避に貢献してくれる衝突回避支援ブレーキ機能や前後方の障害物を感知して誤発進を抑制してくれる誤発進抑制制御機能など先進の安全装備を備えています。

タントを中古車検索

タントの価格・燃費

(5MTマニュアル・ターボなし)

価格と燃費は連動していません。最高燃費のグレードを選択すると価格が高くなる場合がございます。(項目をクリックすると価格ランキングへ移動します)

タント最低価格最高燃費
km/L
2WD122万28.0
4WD135万27.0
5MTなしなし
ターボなしなし

※価格は小数点以下切捨てで表記しています。

>>ウェイクの価格・燃費

タントを中古車検索

ダイハツ「タント」の良い点(メリット)

①軽自動車で初ピラーレスのミラクルオープンドアを採用し、乗り降りや積み下ろしがしやすくなりました。

ダイハツ・タントのミラクルオープンドア

タントは軽自動車で初めてピラーレスをし、乗り降りのしやすいミラクルオープンドアを採用しました。開口幅1490mmととても余裕があるので、無理のない姿勢で乗り降りが可能です。
助手席は380mmのシートをスライドする事が可能で、スライドさせると後席足元が最大695mmのフロア長ができ、27インチの自転車などを積むことも可能となっています。助手席のスライドの操作は、運転席・助手席と両側から操作出来るようになっており、イチイチ外に出て操作する必要もないので、楽チンです。

②撥水加工したファブリックシート採用で、万が一飲み物をこぼしても安心です。

タントの後部座席画像

タントでは撥水加工したファブリックシートを全席に採用しているため、万が一飲み物などをこぼした際にも簡単に拭き取りやすいので安心です。
フロントシートは、大きめのサイズになっており、クッション性も良いです。室内高が高い設計されているため頭上の空間が広くなっており、大人の男性でも十分な余裕があります。リアシートは、先代モデルと比較すると、フロントシートほどではないですが、クッション性が改善されています。長距離ドライブでも疲れにくくなっており、快適性が増しています。

③イーステクノロジーの採用で、JC08モード28.0km/Lの低燃費を実現。

ダイハツ・タントの運転席画像

新型タントは、イーステクノロジーの採用で、2WD車でJC08モードで28.0km/Lの低燃費を実現しており、先代モデルから3.0km/L向上させています。同様に2WDのターボでは26.0km/Lと、3.8km/Lの大幅アップとなっています。
ライバル車のスペーシアには32.0km/Lとやや劣っていますが、N-BOX、デイズルークスは上回っており、トップクラスの燃費となっています。

タントを中古車検索

④タントは前後方に誤発進抑制機能が付いています。

スマートアシストⅡ搭載車には、アクセルの踏み間違いなどの誤発進を抑制してくれる誤発進抑制制御機能が搭載されています。N-BOXなどのライバル車は、前方しか障害物を検知する機能がありませんが、タントは前後方両方を感知してくれるので安心です。
スマートアシストⅡは全てのグレードに設定があり、ローグレードでも選択出来るのはポイントが高いです。

⑤ピラーが細く三角窓も大きいので、死角が少ない。サイドアンダーミラーが標準装備などバック時のサポートもポイントが高い。

タントのフロントガラス・運転席まわり

新型タントはAピラーが細く、三角窓も大きいため死角が少なく、右左折時など邪魔になりません。Cピラーも同様に見やすいので、後方視界も悪くありません。サイドアンダーミラーが全車に標準装備になっているのもポイントが高いです。死角になりやすい下側も確認しながらバック出来るので、安心です。死角の少ない車になっているので、女性や初心者の方には運転しやすい構造になっています。

タントを中古車検索

ダイハツ「タント」の欠点(デメリット)

タントの荷室

①タントは全高が1750mmと背が高いので、高速道路や急カーブは注意して運転する必要あり。

タントはスーパーハイト系ワゴンの中でもトップクラスの広さを誇っています。ただ、全高が1750mmと背が高くなっているので、空気抵抗が大きく横風の影響を受けやすいというデメリットもあります。
特に高速道路ではかなり横風の影響を受けます。しっかりとハンドルを握っておく必要があり、いつも以上に神経を使う必要があります。急カーブなどでも横滑りを防止するVSC&TRCは搭載されていますが、コーナリングなども安定性を欠く事があるので、気をつけて運転する事が重要です。

②ライバル車のN-BOXと比較すると、最高出力・最大トルク共に劣る。

タントは、両側スライドドアを搭載している事もあり、車両重量が2WD車Xグレードで930kgとやや重た目の設定になっています。そうした事もあり、加速感やパワー不足を感じる場面があります。
諸元では最高出力は38[52]/6,800となっており、N-BOXの43[58]/7,300と比べると、数値上でも6馬力劣っています。最大トルクでは60[6.1]/5,200となっていて、N-BOXは65[6.6]/4,700と比べるとこちらも数値が劣ります。高速走行・登り坂などを使う場面の多い方は、ターボ車を選ぶ方が無難かもしれません。

最低価格:122万円
最大燃費:28.0km/L
兄弟車:シフォン(マツダ)
ライバル車:N-BOX(ホンダ)スペーシア(スズキ)

諸費用込み総額約127万~新車オンライン見積り
値引目標20万愛車の買取相場を調べる
中古車相場46~198万中古車検索

【ダイハツ】安い軽自動車ランキング