安い軽自動車ランキング2019『1番安い軽はどれ?』

新車の安い軽自動車をランキングでご紹介。

【踏み間違い防止】軽自動車・比較ランキング|安いのはアルト86万円

軽自動車のブレーキ・アクセルの「踏み間違い防止機能(誤発進抑制制御)」について調査しました。

踏み間違い防止(前進・後退)

踏み間違い防止機能については、「前進のみ」、「前進・後退対応」のクルマがあります。踏み間違い防止機能が作動するには速度が10km/h以下であることが条件になります。価格の安い順で並んでいます。

順位車種最低価格誤発進抑制サポカーS中古車検索
1位ダイハツ・新型ミライース90万●前方・後方ワイド中古車検索
2位New!! ダイハツ・ミラトコット113万●前方・後方ワイド中古車検索
3位ダイハツ・ムーヴ117万●前方・後方ワイド中古車検索
4位ダイハツ・ムーヴキャンバス125万●前方・後方ワイド中古車検索
5位ダイハツ・タント128万●前方・後方ワイド中古車検索
6位ダイハツ・キャスト アクティバ129万●前方・後方ワイド中古車検索
ダイハツ・キャスト スタイル129万●前方・後方ワイド中古車検索
8位スズキ・スペーシア133万●前方・後方ワイド中古車検索
9位ホンダ・N-BOX138万●前方・後方ワイド中古車検索
10位ダイハツ・ウェイク141万●前方・後方ワイド中古車検索
11位ダイハツ・ムーヴカスタム149万●前方・後方ワイド中古車検索
12位スズキ・スペーシアカスタム157万●前方・後方ワイド中古車検索
13位ダイハツ・タントカスタム159万●前方・後方ワイド中古車検索
14位ダイハツ・キャスト スポーツ164万●前方・後方ワイド中古車検索
15位ホンダ・N-BOXカスタム169万●前方・後方ワイド中古車検索

※現在取扱い中の軽自動車を最低販売価格の順でランキング発表しています。価格は小数点以下を切り捨てています。

「踏み間違い防止機能(誤発進抑制機能)」の前進・後退両方対応の軽自動車は15車種でした。

高齢運転者の踏み間違い事故をよく耳にするので、出来る限り前後対応の誤発進抑制機能が装備できる軽自動車を選びたいものです。

踏み間違い防止(前進のみ)

順位車種最低価格誤発進抑制サポカーS中古車検索
1位スズキ・アルト86万▲前進のみベーシック中古車検索
2位スズキ・アルトラパン107万▲前進のみベーシック中古車検索
3位日産デイズ115万▲前進のみベーシック中古車検索
4位三菱eKワゴン118万▲前進のみベーシック中古車検索
5位ホンダ・N-WGN122万(OP)▲前進のみベーシック中古車検索
6位ホンダ・N-ONE126万(OP)▲前進のみベーシック中古車検索
4位スズキ・ワゴンR127万▲前進のみワイド中古車検索
7位三菱eKスペース128万▲前進のみベーシック中古車検索
8位日産デイズルークス133万▲前進のみベーシック中古車検索
9位スズキ・ワゴンRスティングレー135万▲前進のみワイド中古車検索
9位ホンダ・N-BOX SLASH142万(OP)▲前進のみベーシック中古車検索
10位ホンダ・N-WGNカスタム144万(OP)▲前進のみベーシック中古車検索
日産デイズハイウェイスター144万▲前進のみベーシック中古車検索
12位スズキ・ハスラー146万▲前進のみベーシック+中古車検索
→位三菱eKカスタム146万▲前進のみベーシック中古車検索
14位三菱eKスペースカスタム156万▲前進のみベーシック中古車検索
日産デイズルークスハイウェイスター156万▲前進のみベーシック中古車検索
16位ホンダ・S660201万(OP)▲前進のみベーシック中古車検索

踏み間違い防止なし

順位車種最低価格誤発進抑制中古車検索
1位ダイハツ・ミラ88万×中古車検索
2位ダイハツ・ミラココア販売終了×中古車検索
3位スズキ・ジムニー129万×中古車検索
4位ダイハツ・コペンエクスプレイ185万×中古車検索
5位ダイハツ・コペンローブ・ローブS185万×中古車検索
6位ダイハツ・コペンセロ190万×中古車検索

「踏み間違い防止機能(誤発進抑制機能)」が装備できない軽自動車はたった6車種のみでした。

フルモデルチェンジされてから年数が経過している車種なので、次のフルモデルチェンジできっと踏み間違い防止機能が装備されると思います。

また、コペンに関しては車の運転が好きな人が乗るイメージなので運転操作には自信があり、「踏み間違い防止機能」が欲しいと思うことは少ないのではないでしょうか。

【最新】メーカー別(サポカー)一覧

『サポカー』とは、国が高齢運転者による交通事故防止対策の一環として「自動ブレーキ」や「踏み間違い防止」などの予防安全機能を備えた車に愛称をつけられました。メーカーによって違いが分かりにくい予防安全機能ですが、サポカーの区分を見ることである程度比較することが可能です。

サポカー(セーフティ・サポートカー)の種類

  • 【サポカーS<ワイド>】自動ブレーキ(対歩行者)、踏み間違い防止、車線逸脱警報、自動点灯ライト
  • 【サポカーS<ベーシック+>】自動ブレーキ(対車両)、踏み間違い防止
  • 【サポカーS<ベーシック>】低速自動ブレーキ(対車両)、踏み間違い防止
  • 【サポカー】自動ブレーキを搭載した車

サポカーには大きく分けて2種類に分かれます。【サポカー】は自動ブレーキ搭載車のことで、【サポカーS】は、自動ブレーキだけでなく高齢運転者におすすめの「踏み間違い防止」機能がついた車の事です。【サポカーS】は更に3つの<ワイド・ベーシック+・ベーシック>に分かれています。一番良いサポカー区分は【サポカーS<ワイド>】です。

今回調査した軽自動車のなかでは、自動ブレーキの装備されている軽自動車にはすべて踏み間違い防止機能が付いていて【サポカーS<ベーシック>】以上の安全性能でした。

◎安い軽自動車を絞り込み検索

4WD限定、5MT限定などの条件に絞り込んだランキング一覧です。

公開日:
最終更新日:2018/07/04